フォローする

「公開設定」とは何ですか?どのように使えばよいですか?

公開設定を活用すると、作成するすべてのコンテンツの設定プロフィールを定義できます。たとえば、地域によってコンテンツを制限できます。

公開設定は、チャンネル、ショー、イベントの各レベルで適用できます。公開設定は、上位のレベルの設定より下位のレベルの設定を優先するように設定することもできます(たとえば、特定のイベントに適用された設定を、その上位のショーのレベルの公開設定よりも優先するように設定できます)。

公開設定はブランディング設定に対して設定することもできるため、たとえば公開設定がショーに適用されている場合、そのショーに関連付けられているすべてのイベントが、同じ公開設定とブランディング設定を持つことになります。公開設定を1つのレベルで設定することにより、同じような複数のイベントに対して公開設定とブランディング設定をそれぞれ設定する手間がなくなります。

 

[Publish Settings] (公開設定) – 公開設定を使って構成された設定およびブランディングの名前を表示します

[Add Publish Settings] (公開設定の追加) – 公開設定の新しいセットを作るには、このボタンをクリックします。

[View Details] (詳細の表示) – 選択した公開設定の詳細を表示するには、このリンクをクリックします

 

[Publish Settings] (公開設定) - 公開設定のための基本設定です

  • [Configuration Name] (構成名) - 構成にわかりやすい名前を付けます
  • [Branding Configuration] (ブランディング構成) - ドロップダウンメニューからブランディングを選択します。ブランディングは、チャンネル、ショー、イベントのいずれかのレベルで公開設定が選択されているイベント内で作る、すべてのクリップに適用されます。

 

[Clip Creation Settings] (クリップ作成設定) - 誰がクリップを作成できるか、視聴者がクリップを作成できるかどうか、クリップの長さなどを設定します

  • [Clip Visibility] (クリップのプライバシー) - クリップを一般公開したくない場合は、[PRIVATE] (プライベート)に設定します。クリップをソーシャルメディアに投稿したときに誰でも視聴できる状態にしたい場合は、[Public] (公開)に設定します
  • [Default Clip Length] (クリップの長さの初期設定) - LiveCut Editorで開始または終了ポイントをクリックしたときに、最初に作られるクリップの長さです

 

[Playback Settings] (再生設定)

  • [Time Before Clip Expiration] (クリップの有効期限までの時間) - クリップを再生できる期間の初期値を設定します。期限になると、クリップは再生できなくなります
  • [Allow Playback in Embedded Tweets] (埋め込みツイートでの再生を許可) - これを有効にした場合、埋め込みツイートでビデオが再生されます。無効にした場合、ユーザーは再生ページにリダイレクトされ、そこでビデオを見ることになります

  • [Geographical Restrictions] (地域制限) - ドロップダウンメニューを使って、ビデオを視聴制限する地域を指定します。制限する地域を入力するには、テキストボックスを使います
  • ここでは、https://countrycode.org/ に従い、US(米国)、GB(英国)などの2文字のコードを使います。

 

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。